+ 


特別コラボレーション コレクション

オートメーション・ジョーカー

時計作りを極めた2人による、限定コラボレーション
スヴェン・アンデルセン & コンスタンチン・チャイキン


2017年のバーゼル・ワールドで、ジョーカーという画期的なモデルを発表した、ロシアの時計師でありAHCI(独立時計師アカデミー)のメンバーのコンスタンチン・チャイキン氏。 ジョーカーの目に時間が表示され、口には月の満ち欠けを示すインジケーターが上下逆さまに組み込まれています。瞬く間に時計コレクターに知られる存在となった、特別なモデルです。

2018年のバーゼル・ワールド、アンデルセン・ジュネーブがそのコンスタンチン・チャイキン氏と共にジョーカーのオートメーションモデルを発表。限定20本のみの製造となる、真のラグジュアリーアイテムです。

エロス・オートメーションで名を馳せるアンデルセン・ジュネーブとコンスタンチン・チャイキンの特別コラボレーションでは、ジョーカーオリジナルモデルのフロントダイヤルを更新し、文字盤の背面には「ポーカータクトウォッチ」が描かれています。手作業で施された「ポーカーをする犬」は、ベル・エポックアーティストとして知られるキャシアス・マーセラス・クーリッジの作品のミニチュア盤。

時計の背面には、優れたミニチュア画家が薄い金属板をカットして作られたオートメーションパーツの11つを描いています。ケースの8時の当たる部分のボタンを押すと、ジョーカーの目、犬、男性と女性が愛らしく動き出します。

複雑な文字盤に加え、オートメーションを反対に組み込む作業など、あらゆる技術を結集させたケース。ヒンジは繊細に動き、収集家に極上の使い心地をお届けします。

特別コレクションの記念として、フロントダイヤルのジョーカーの目にはコンスタンチン・チャイキンのロゴ、鼻にはアンデルセン・ジュネーブのロゴが入っています。


テクニカルデータAUTOMATON JOKER

ムーブメント

アンデルセン·ジュネーブがアップグレードした高品質な歴史的機械式ムーブメント

コンスタンチン·チャイキンが開発·組み立てを行ったユニークな時間表示とムーンフェイス表示:ダイヤル上のインジケーターがジョーカーの目のように描かれたデュアルディスク時間表示を持つモジュール。左目は縁周りに時を表示し、針の代わりに黒い点が付いています。右目は縁周りに分を表示、針の代わりに黒いドットが付いています。ムーンフェイス·インジケーターは、上限の月、満月、下弦の月と任意の時点の月の満ち欠けを表示します。ジョーカーの口になるよう設計された開口部には、最適な月の満ち欠けが描かれます。

著名モデル·EROS Automatonのために何年もの歳月を費やし、開発·改良されたダブルホイールトレイン。

時計の裏面に、アンデルセン·ジュネーブが完璧なまでに新しく開発、取り付けを行った「Automaton Joker」構造

  • リューズを「時計回り」に回すとオートマトンが巻き上げられます。8時の位置にあるボタンを押すと動力が発生し、場面のエレメントが2分間動きます
  • リューズを「反時計回り」に回すと機械式ムーブメントが巻き上げられ、最大36時間作動します。

賑やかな場面では、勝利したジョーカーが、名だたるアンデルセン·ジュネーヴの「ポーカーをする犬」の横で目を動かします。また、魅力的な女性がチップを盗んでいる間に、ゲームに負けた男性が見せる4枚目のカードを見ることができます。

ケース

18ctレッドゴールド(5N)ケース、エレガントなベビークロコストラップを挿入するためのスペシャル可動式ヒンジ(フランス語で「ゴンド」)付き。サファイアガラス2

直径:42.0mm/厚み:16.8mm/可動式ヒンジの幅:22mm

重量:97g

時間とムーンフェイスを設定するための1クラウン/ オートマトンを動かすための1プッシャー

ダイヤル:

手作業で刻まれた「ANDERSEN Genève」&「Konstantin CHAYIN」のマルチパーツダイヤル

コンスタンチン チャイキン ジョーカー モデルの類い稀な時間表示メカニズム

  • 時間は左目に表示
  • 分は右目に表示
  • ムーンフェイスは口の中に表示

ストラップ:ホワイトハンドステッチ入りベビーアリゲーターレザー、18ctレッドゴールドのクラスプ